入れ歯が痛い……3つの原因

痛いのは我慢すれば……
入れ歯の痛み
痛みを我慢していた入れ歯でも、1回の調整で治ってしまうこともある
少しぐらい痛くても我慢していれば徐々に慣れるという話を良く聞くことがあります。確かに入れはじめは少し痛みを伴う違和感があっても2~3日でそんなに気にならなくなるケースもあるようです。

概ね、一週間程度様子をみてもしっくりこない様であれば、そのまま慣れる可能性は低くなります。そこまで痛くなるほどの「あたり」は再調整が基本的に必要です。

どんな原因が考えられるか?
入れ歯が痛くなる原因は多数考えられますが、頻度の高い3つについて解説します。

咬み合わせ時のバランスのズレ

入れ歯が痛くなる大きな原因は、入れ歯部分で物を噛んだとき、その力が自分の歯茎を押すときに発生する力です。痛い入れ歯でも、噛まなければ痛くなかったりするのはこのためです。

入れ歯が、咬み合わせた時に生じる力をバランスよく土手の歯茎に分散するのが理想です。力を均一にすることができれば、痛みの発生を最小限に留めることが出来ます。

土手の歯茎と入れ歯の内面の不適合

歯が失われていく順番によっては、歯茎(土手)の形が極端に凸凹になっていることがあります。そうなると、噛みあわせ時の力が均等に分散されにくくなり、痛くなることがあります。

さらに入れ歯が歯茎にぴったりと密着していないと、特定の個所のみに力が加わるため当たりやすくなります。

粘膜や形態などの影響

歯茎(土手)が痩せている場合、動きやすいため入れ歯が安定しにくく、擦れやすくなります。歯茎の粘膜が薄い場合、クッション効果が少なく当たりやすくなります。唾液の分泌が少ない場合、潤滑効果が減り粘膜が傷つきやすくなります。

加齢によるこれらの影響は、入れ歯が「あたり」を引き起こす原因となります。

このような入れ歯によって出来た歯茎の傷を、放置しておくと、義歯性潰瘍などで、表面が赤くただれたように見えることもありますので、注意が必要です。

まず始めに、歯みがき粉無しでじっくり歯ブラシでのブラッシング方法を覚えてから、仕上げの時に少量の歯みがき用の洗浄剤を使うと丁寧なブラッシングができるようになるでしょう。
つい最近になって歯周病の根源を取る事や、原因菌に感染した範疇を洗浄することで、組織の新たな再生がみられる歯科の技術が完成しました。
キシリトール内の成分には虫歯を食い止める効用が確認されたとの研究結果の発表があり、それ以来日本はもちろんのこと世界中の色んな国々で非常に盛んに研究がおこなわれてきました。
永久歯に比べて乳歯は歯のエナメル質や象牙質などの厚さがおよそ半分程しかないのです。殊に歯の再石灰化の力も未熟なので、むし歯の原因菌に容易に溶かされてしまうとのことです。
PMTCを使うことで、基本的なハブラシを使った歯のブラッシングでは完全に落とすことのできない色の定着や、歯石を含まない要らない物、ヤニなどをほぼすべて取ります。


義歯に対しての後ろ向きなイメージや偏重した考えは、自分の歯牙で噛んだときとのギャップを対比させるがためにどんどん大きくなってしまうのではないかと推量されます。
歯冠継続歯の根っこの部分が崩れたら(歯根破折と言います)もうだめです。その九割方を占めるケースでは、抜歯の処置を施すことになってしまうのです。
数が少ない口腔外科という所は歯槽膿漏、虫歯更には入歯の処置だけではなく、口腔内に出現する色んな病状に適合した診療科なのです。
歯科医師による訪問歯科診療の場合では、医師による治療が完了してからも口をケアある一定のペースで担当の歯科衛生士たちが伺う事が何度もあるそうです。
口中の匂いの存在を家族にさえきくことのできない人はとても多いと想像されます。そんな人は、口臭予防の外来で口臭専門の処置を試してみる事をお奨めします。


歯を長々と保つにはPMTCは特に大切なことであり、この治療が歯の施術後の状態を長い間キープできるかどうかに強く影響を与えるのも事実なのです。
大人と同じく、子供の口角炎にも多様な因子が予測されます。一際目立つ要因は食べ物のの好き嫌いによるものと菌の作用になっています。
眠っているときは唾液の量が格段に量が少ないので再び歯を石灰化する働きが起こらないため、phバランスの悪い口の中の中性の具合を継続することができません。
歯科医による訪問診療の場面では、医師の治療が終わってからも口腔内のケアのために一定のペースでかかりつけの歯科衛生士がお邪魔させていただく事が頻繁にあるのです。
デンタルホワイトニングは歯の表面の細かな汚れなどをよく取り去った後で実施しますが、それには自宅で実施できるホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングの施術場所の違う2つのサービスが選べます。