歯の漂白Q&A

Q.歯の漂白は歯に影響を与えますか?
A.いいえ。ですが、虫歯や歯ぐきの病気の場合は治療してから始めて下さい。

Q.どれくらいで白くなりますか?
A.最も早い方法で1日2回を一週間続けることです。

Q.どれくらいで漂白されるのですか?
A.1日2回を7日間続けること行程を3クール行った時の色が最も白くなった色です(個人差があります)。なお、3クール以上行っても色の変化はありません。

Q.人工歯でも白くなりますか?
A.歯の汚れは落ちますが、元の人工歯の色以上は漂白されません。

Q.口臭もなくなりますか?
A.もともと口腔内の消毒に使われていたものなので、口臭・虫歯予防の効果はあります。

Q.ラビットホワイトプロは安全ですか?
A.このNATURAL WHITEは、FDA(アメリカ食品医療品局)の認可を受けており、安全性には全く問題ありません。アメリカでは、国の認可を受けた製品しか販売できませんので。

Q.知覚過敏になりませんか?
A.NATURAL WHITEはPH7=中性ですので知覚過敏が起こりにくいです。もし、知覚過敏が起きた場合2日程ご使用をおひかえ下さい。再度始める時は1回の時間を10分に短縮して下さい。

Q.子供でも歯の漂白はできますか?
A.いいえ。永久歯の生え揃っていないお子様(16歳以下の)にはお薦めできません。

Q.処方後どのくらいで元の歯の色に戻ってしまいますか?
A.メンテナンス用歯みがきペーストを使用した場合は5~6ヶ月は維持できます。市販の歯みがきペーストでは、2~3ヶ月で戻ります。

Q.歯の漂白は一生続けても問題ないですか?
A.はい。一生続けても問題の無いような成分になっています。

通常の歯のケアを怠らずに実践していれば、この3DSのために虫歯の原因菌の除菌された状態が大体4ヶ月から半年くらい持続できるようです。
歯のメンテは、美容歯科の施術が終わって希望通りの出来ばえであったとしても、手を抜かずに持続していかなければ元通りに後戻りしてしまいます。
プラークコントロールという用語からは、歯ブラシでの歯磨きを思い浮かべる事が大方だと推量しますが実際はそのほかにも多様なプラークコントロールの使い方が存在するようです。
口の臭いを抑える効用のある飲物に有名なのがコーヒーですが、大量に飲みすぎるとなぜか口の中が乾き、皮肉なことに嫌な口臭の要因となるということがわかっています。
今現在虫歯を有している人、加えて昔虫歯に悩んでいた人、90%近くもの日本人がこうした虫歯菌を必ずや持ち合わせていると見て間違いありません。


審美においても仮歯は外せない役目を果たしています。両目の間をまっすぐにつなぐ直線と前歯の端が平行に走っていなければ、顔自体が曲がっているような印象を与えます。
口の中が乾燥するドライマウスはストレスがきっかけで起こってしまう症例もままあるため、更にこれからの時代には働き盛りの世代の男性にも症状が出現する可能性は間違いなくあります。
セラミックの技術と呼ばれているものにも、多彩な材料や種類がありますので、歯科の先生と納得いくまで相談し、自分の歯に最適な治療の仕方を絞り込んでください。
大切な噛み合わせの障害は口の開閉に支障をきたす顎関節症の素因を成しているものではあると考えられるものの、それとは異なった理由が存在すると認識されるように変わってきたのです。
歯の表面を少しだけ削って白く見せるための研磨剤入りの歯磨き粉というのはなんだかネガティブなイメージの存在ですが、もう一度歯が石灰化するのを促すという事は役立つ効果です。


上顎と下顎の歯のかみあわせのトラブルのなかでも特に前歯が何度も衝突してしまう状態では、歯を噛み合わせるたびにストレスが上顎の骨の前部や鼻骨に直に集まります。
普段使いの義歯の難点をインプラントを装備した義歯がフォローします。ピタッと圧着し、お手入れの楽な磁力を使った形式も選べます。
美しい歯にすることを主な目的としているので、歯の咬み合わせの状況などを適当にしてしまっていたようなトラブルが様々なところから知らされているそうです。
節制生活になるよう心を砕き、唾液からの修復作業に拍車をかけるという留意点を理解し、重要なムシ歯の予防ということを斟酌する事が思わしいのです。
まず口のなかに矯正装置を取り付けて、一定の圧力を歯に継続して与える事で人工的に正しい位置に戻し、良くない噛みあわせや歯並び等を改善するのが歯列矯正といわれる処置になります。