エムドゲイン(歯周治療再生治療)

歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことが出来る比較的軽い歯周病と比べ、歯肉の奥まで炎症が進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が不可欠になります。この手術の際に、手術治療を補うための歯周組織再生誘導材料という歯科用の材料が使われることがあります。

エムドゲインゲルとは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料のことです。その主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、幼少期、歯が生えてくる時に大きな働きをするたん白質の一種から成っています。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若豚の歯胚から抽出精製したもので、2001年12月現在、世界28カ国で使用されています。

歯周外科手術の際に、手術箇所にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に近い環境を作り出すことができます。こうして、初めて歯が生えたときと同様な力強い付着機能を持つ歯周組織の再生を促進し、正常な歯周組織を取り戻します。 

歯周病によって欠損した歯周組織の構成と機能を、完全に再生させるための歯周組織を再生誘導するための材料です。
歯周組織は、セメント質・歯根膜・歯槽骨からできています。その組織は、歯の発生期に分泌されるエナメルマトリックスたんぱく質という物質からできています。そのエナメルマトリックスたんぱく質を主成分としたブタ歯胚歯周組織使用再生材料が、エムドゲインです。

歯根膜、セメント質、歯槽骨を完全に復活させます。
他の方法では、この歯周組織の真の再生は不可能です。
( true periodontal regeneration )
垂直性の骨欠損
根分岐部病変
他の方法では、治療不可能な症例

手術は抜歯をするとき同様に麻酔をかけて行います。まず最初に治療する部位の歯肉を切開し、剥離(図1~2)。次に歯根表面の清掃(図3)、エムドゲインを塗布(図4)。最後に切開した歯肉部分を縫合(図5)、これで手術は終了です。手術の所要時間は約1時間前後で、手術後、しばらく休息した後は帰宅できます。抜糸は手術日から1~2週間後に行います。

シリジェット(無針注射器)と痛みの少ないレーザーの治療器を組みあわせて施術することで、口内炎からむし歯まであの不快な痛みを九分九厘与えることなく施術する事ができるといわれています。
意外にも唾液は口の中の掃除係りとも言われるくらい重要な役割を担っていますが、それそのものが減少すれば、口腔内の臭気が強くなるのは必然だといわれています。
通常の唾液の効用は、口内の清掃と菌の働きを妨げることです。でも、これだけではないとのことです。歯を再石灰化するためには唾液が要るので、どれだけ分泌されるかは肝心な項目です。
通常の唾の働きは、口腔内の浄化と菌を防ぐことです。更にそれだけではないとされています。歯を再石灰化するためには唾液をどうしても使うため、分泌量の増加というのは大切なポイントです。
きちんとした日常生活を胸に、唾液に拠った修復作業をもっと促すという要点をよく考え、ムシ歯への備えを集中的に考慮する事が適切なのです。


歯のホワイトニング処置をしなくても、歯の割れ目を放置し続けると、象牙質がもろくなり、呼吸時の空気や冷たい料理が当たるたびに痛みを伴う事があるようです。
外科処置を行う口腔外科というのは、その得意分野として、顎口腔治療を主な目的としているので、内科的治療やストレスによる障害などに及ぶほど、受け持つ項目は大変幅広く在ります。
つい最近になって歯周病の根源を取る事や、原因菌にダメージを受けた所を治療することによって、再び組織が再生することが可能な治療術が完成しました。
歯をずっと維持するためにはPMTCはすごく重要ポイントであり、この技法が歯の治療の後の状態をはるか先まで保持することが可能かどうかに強く関わってくることも事実なのです。
全ての社会人においてもいえることですが、例えば歯科衛生士みたいに医療関係の会社に従事する人はとくに勤務中の身嗜みに気を配らなくてはいけないのです。


エムドゲイン治療剤を歯周外科の治療実施時に患部に付けると、最初に歯が生えた時の様態と変わらない、丈夫に貼り付く歯周再生の推進ができるようになります。
口内が乾燥するドライマウスというのはストレスが発端で見られるようになってしまうということもよくあるため、更に今からの時世にはバリバリ働く年代の男性にも症状が出現する危険性はかなりあるのです。
このごろ一般的に愛用される事になった例のキシリトールを含有するガムの性質によるむし歯の予防も、こんな研究開発の結果から、作られたものとはっきりいえます。
デンタルホワイトニングの処置は歯のエナメル質のゴミや汚れをよく取り除いた後に実行するのですが、自宅で自分でできるホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングの2つの選択肢があるのです。
それは顎を使うのと一緒に耳の近くにある顎関節にカクカクと異音がするもので、顎関節症の病状では至って頻繁に発生しており、中でも初めの頃に頻繁に現れる状況です。