カリソルブ治療

カリソルブ治療とは、虫歯菌に侵された象牙質のみをカリソルブ液を使って選択的に溶かし、専用の器具で取り除く、新しい治療方法です。従来使用していたエアータービン、ドリルなどの切削器具の使用を、最小限にすることが出来ます。

◆カリソルブ治療のメリット

・痛みはほとんどありません。
・カリソルブ液と専用の器具を使用して虫歯の悪い部分を除去していくので、麻酔の使用量も最小限をとどめることができます。

・健全な歯質をそのまま維持することができます。

・カリソルブ液が健全な歯質と感染歯質を明確に区分しますので、残っている健全な歯質を傷つけずに治療することが出来ます。

・嫌な音のない静かで快適な治療です。

・従来のエアタービンなどの切削器具の使用がほとんど必要ないので、不快な音や振動が少ない快適な環境で治療を受けていただけます。

・短時間の治療です。

・カリソルブ液を塗布して30秒後に虫歯除去を開始出来ますので治療時間の短縮が図れます。

・安全な薬剤です。

・カリソルブ液はエナメル質や健全歯質には影響を及ぼしませんので、歯肉などの軟組織や歯の神経に対する害は一切ございません。

従来の虫歯治療とは違う画期的な“カリソルブ治療”を是非お試しくださいませ。

治療に際し、虫歯の種類によってはカリソルブ液が適用されない場合もございますので、詳細は歯科医院スタッフにお尋ねくださいませ。
カリソルブ治療は保険適用外となります。詳しくは歯科医院スタッフにお尋ねくださいませ。

歯のメンテは、美容歯科の診療を終えて想像以上の施術後にはなっても、横着せずに継続させなければ元の状態に逆戻りします。
ムシ歯がきっかけとなっている知覚過敏は、虫歯は思いの外進行してしまっていると予測され、歯牙の痛みも変わりませんが、そうではないケースはその場だけの変調で落ち着くことが予想されます。
自宅を訪問する歯科診療の治療では、医師の処置が一通り終わった後も口腔ケアをしに定期的に何回か担当の歯科衛生士がお伺いする事が時々あるそうです。
通常の唾の働きは、口腔内の浄化と菌の働きを妨げることです。しかし、これだけではないようです。再び歯を石灰化するには唾液が絶対に要るため、分泌される量の増加は大切な箇所です。
応用できる領域が特に広い歯科で使われるレーザーは、種類が豊富で、他にも多種多様な医療機関で活用されています。これからは一層の期待がかけられています。


口腔内に口内炎が発症する要因はビタミン摂取量の不足がそれの一つですが、各種ビタミンは気軽に摂れるサプリメントや薬局でも買える医薬品の服用薬などとして売られています。
どのような仕事内容の社会人に向かっても当てはまる事ですが歯科衛生士のような医療の業界に身を置いている人はなおさら身嗜みに気を配らなければいけないとされています。
最近では医療技術の開発が著しく成長し、針のない無針注射器や痛みの少ないレーザーの治療器を使用することで、大分痛みを抑えることのできる「無痛治療」という手法が用意されているのです。
既存の入れ歯の悪い点をインプラントを装備した入れ歯が解決します。きちんと固着し、簡単にお手入れできる磁力を使った物も使えます。
例えばさし歯が色あせる原因に考えられる事は、継ぎ歯の色自体が色あせる、つぎ歯の周囲の歯が色あせてきたという2つの事象があるのです。


私たちの歯の外面を覆っている半透明のエナメル質のすぐ下の場所から、口腔酸性の度合いが低くなりPH(ペーハー)の数値が5.5~5.7より低い値になると歯を形作る重要な要素であるリンやカルシウムが溶解してしまいます。
プロによる歯のクリーニングというのは、歯周病の菌の増加を阻止する効果的な処置であると科学的に証明されており、単に気持ちよいというだけではないということです。
やっかいなプラークが溜まる前に、歯石の予防を毎日するのが大層肝要なポイントになります。歯垢の付着しやすい場所は隅々までケアする事がとくに肝要です。
いずれの職種の社会人に対しても当てはまることですが歯科衛生士のような医療機関の現場に身を置いている人はとても格好に万全の注意を払わなければならないと言われています。
乳歯は永久歯と違い象牙質やエナメル質等の厚さがおよそ半分くらいしかないのです。なおさら再石灰化能力も未熟なため、虫歯を起こす菌にたやすく溶かされます。